オススメ湿布.com » 神経系に対する接骨院

神経系に対する接骨院

接骨院では肩こりや腰痛、骨折や脱臼などに加え、神経系の症状に対しても治療効果が期待できることがあります。神経系として、例えば挙げられるのが坐骨神経痛ですかね

特にですが、整形外科に行き診断を受けたがその程度から整形外科では湿布薬を処方してもらうなどといった消極的な治療を提案され、いわゆる安静にしつつ経過観察といった状態に中々病状の改善効果が見られなく、なんとかしびれや痛みを取り除きたいと思うような状態の方に接骨院がおすすめです。

接骨院での施術によってしびれや痛みが緩和・改善される要因としては、関節の歪みによりそれらの不調が引き起こされていた場合に、接骨院での関節の歪みを整えるといった施術が、圧迫されていた神経を開放すること。

さらに痛みによって緊張状態に陥った筋肉をほぐすことで、血行を促進し身体の不調の回復効果を高めるということが考えられます。

整体というのはもしかするとみなさんは身体をボキボキと音を鳴らされながら、痛みに耐えて悪い状態を力づくで治そうとするようなイメージをお持ちかもしれませんが、現代の接骨技術ではそのようなことはほぼ無く、刺激は少なくとも身体にしっかりとしみ込むように効く整体がトレンドと言えます。

ただし、坐骨神経痛のような病気の治療をしたくて、接骨院を利用するにおいて気を付けて頂きたい状態があります。

それは激しいしびれと痛みを生じている場合、自力で歩くことがままならない程症状が進行・悪化している場合、また坐骨神経痛などの症状により夜も眠れないような場合、すなわちちょっとやそっとの症状ではなく、かなりの重たい症状となってしまっている時には、同じく重大な病気を引き起こしてしまっていることがあります。

そのような場合には接骨院にかかるのではなく、整形外科に行き、レントゲンやCT、またはMRIなどを使った医師の診断を受けるのが得策ですね。