オススメ湿布.com » 変形性膝関節症とO脚

変形性膝関節症とO脚

変形性膝関節症においてO脚というのは、切り離せないものです。特に日本人にはO脚の人が多いと言われています。これは、直立して踵とつま先をそろえたときに、膝やふくらはぎのつかない状態を言います。

膝の痛みの多くは、変形性膝関節症ということになりますが、変形性膝関節症は、いわゆる膝の関節の軟骨が擦り減ってしまうことで膝の負荷が骨などに直接かかってしまい、歩くときに痛みを感じたり、炎症を起こすということになります。

また、膝に水が溜まることもあり、この水を抜いたりすることもありますし、逆にヒアルロン酸などを注射し、潤滑を良くするための、変形性膝関節症治療があります。いずれにしても、O脚が変形性膝関節症の原因になっているということになります。

変形性膝関節症とは全く別のものではありますが、足が変形しているということでは、よく似ているものであると言えます。そして、O脚は女性に多い足の変形です。

体全体バランスが崩れてしまっているといえますので、絶対に健康に良いものではありません。女性にO脚が多いというのには、足の筋肉がうまく機能していないことにあります。

O脚になると、足のむくみがひどくなりがちです。そして、足の筋肉が衰えることで、ひざ関節がゆがんでしまうのです。O脚になったからといって、必ず変形性膝関節症になるわけではありません。

しかし、O脚そのものが体に悪い影響をもたらします。脚が太ってしまうとか、血流の悪さから冷え性や足のむくみなどをもたらします。O脚は生活習慣から来るものです。

座り方や歩き方などが良くない状態がずっと続いていると言えます。ですから、今までの生活習慣を変えるようにしなければならないのと同時に、運動療法を取り入れて、変形性膝関節症になっていない場合にも、改善をしておくことをおすすめします。

変形性膝関節症になってから、治してもすでに遅いといえます。体の歪みを正しくすることが、すべての健康に繋がっていきます。