オススメ湿布.com » 椎間板ヘルニアの原因とは

椎間板ヘルニアの原因とは

椎間板ヘルニアの原因として考えられることは様々です。また、その多さから見たかぎり、考えられるのは誘因であって、正しい原因とはなりません。

椎間板は、もともとは脊柱のクッションとしての役割を果たしていますが、加齢により、およそ20歳を過ぎたころからすでに衰えが進行し始めます。

例えば、マラソンのように長時間の激しいクッション運動を長期間にわたって続けた場合、腰椎からの圧力によって椎間板の中身の髄核が膨張し、外側の繊維輪を膨張させたり、または繊維輪を破って飛び出すことになってしまい、結果的に椎間板自体が付近の神経を刺激することで、痛みが発症します。

重いものを持ったり、運んだりされる仕事をしていると、椎間板ヘルニアにかかりやすいと言われています。

特に、足の関節を伸ばした状態で素早く物を持ち上げたりすることを繰り返す場合は要注意です。足を曲げなければ、足の筋肉を使わないことで、腰にばかり負担がかかることになり、筋肉に負荷が貯まり、その筋肉が疲れると、骨に負荷が貯まり、最終的に骨を支えている軟骨である椎間板に負荷が集中してしまいます。

このことから、椎間板が悲鳴を上げて、膨張や突き破りなどのアクションを取らざるを得なくなるというわけです。

また、長時間の立位、および座位をとって体の動きを止めている方、サラリーマンやシステムエンジニアの方にも発症しやすいと言われています。

筋肉が緊張を高めてくることで、背骨の動きを柔軟にサポートすることが不可能になってくると、骨が独立して動きを制御してしまい、椎間板が破裂したり膨張しだす結果になってしまいます。

年齢による発症の差としては、椎間板ヘルニアは高齢者には誰にでも起こりやすいといわれます。しかし、最近ではとくにスポーツを激しくする若い方などにも起こりやすくなっています。

若者の骨自体が年々弱くなる傾向にあることも冗長し、生活習慣や食生活の偏りがそれに拍車をかけている、と言っていいようです。