オススメ湿布.com » タバコが健康に与える影響

タバコが健康に与える影響

昔は男性なら誰しもタバコを吸っていた時代がありましたが、これを吸うことによる健康被害が取り上げられるようになってからタバコに対する認識は大きく変わりました。

今では禁煙の場所が非常に増え、喫煙スペースはほんのわずかになりましたし、値上げが続いたことから禁煙を始める方も増えてきています。

健康被害について知らない人はほとんどいないでしょうが、より詳しい情報を学んで禁煙のきっかけ作りに利用してください。

健康被害はニコチンや煙が主な原因として知られています。煙は主に肺に悪影響を及ぼすことで知られており、肺気腫という病気を引き起こします。

肺気腫とは肺の組織がぼろぼろになる病気で、灰の組織がぼろぼろになると空気中の酸素を体内に送り届ける事が出来なくなるのと同時に体内の二酸化炭素を排出する事が出来なくなります。

要するに肺の機能が完全に麻痺してしまい、呼吸まともに行なう事が出来なくなったり最悪の場合肺移植を行わなければならなくなるくらい肺の機能が低下する恐れもあります。

健康被害の中ではニコチンによる中毒症状も有名です。脳に届けられたニコチンは脳の受動態を強く刺激してその刺激を強く求めるようになり、ニコチンがないと神経が上手く働かなくなります。

そうするとニコチンが不足するにつれてイライラするようになったり集中力が途切れるようになるといった禁断症状を引き起こします。

禁断症状が表れ始めるとタバコが無ければ生きていけないような状態になり、ほんの数時間吸わないだけでも非常に強いイライラに襲われたりといった症状に苦しめられるそうです。

この怖いところは一度吸い始めるとずっとすい続けずにはいられなくなってしまうその中毒性にあります。

そのせいで禁煙に失敗する人は後を絶たず、最近では医師の力を借りて禁煙を行うことも珍しいことではなくなりました。それだけ禁断症状は強いのでやめたい方は医師に相談してみてください。