オススメ湿布.com » デザイン性の高さ

デザイン性の高さ

リノベーションとリフォームは良く似たものですが、改装に関する考え方が違います。リフォームは修繕がメインになるのですが、リノベーションはそうではありません。

住みやすさを求めない、修復をしないという意味ではなく、そのベクトルが違っているのです。使っていき劣化していった物件を、元の状態に戻すのではなく、そこに付加価値をつけて修復することがリノベーションです。

例えば、普通のアパートの部屋を、使い込んでいったので汚くなって元の状態に近づける。これがリフォームです。ですから両者はにたようなものであっても、その前提にある考え方が全く違っています。

使い込んだ部屋をもとの部屋に戻すのではなく、まったく新しい部屋として修復します。例えばデザイナーに頼んで間取りから変えてしまうなどの方法があります。

よく、デザイン性が高いリフォームを施したときに、リフォームではなくこの新しい言葉が使われているのは、そのためです。

しかし、本当のリノベーションというのは、デザイン性はもちろんですが、住環境がよりよくならなければなりません。それにより物件の価値が高まるということがリノベーションです。

ただ直すならばリフォームですが、そこ価値をつけてまったく新しいものとして再生することがリノベーションになります。