オススメ湿布.com » ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチについて簡単に説明していきたいと思います。スタティックストレッチが筋肉をひとつの方向に伸ばしていきながら、身体の筋肉の柔軟性を高めていくことを目的としているのに対して、

ダイナミックストレッチでは、腕や足などの、目的とする部位の筋肉を様々な方向に回すことによって、関節が動く範囲である関節の可動域を広げていくことを目的としたものです。

サッカーの準備体操においてよく行われている、ブラジル体操を想像してもらうとイメージしやすいかと思います。ところで、関節は骨と骨をつないでいる部位であり、その周囲の筋肉が伸縮することによって、色々な方向に動くことが可能となります。

しかし、筋肉の柔軟性が低下してしまうと、関節の可動域もそれにともなって制限されてしまうことになります。その関節のまわりの筋肉の動きをなめらかにすることを目的とするものが、「ダイナミックストレッチ」なのです。

ダイナミックストレッチにおけるメリットとしては、先にも述べたような、身体の柔軟性の向上、身体を暖める効果、身体が運動に適した状態にする、交感神経が刺激されることで心の準備ができる、というようなものがあります。

特に、身体の柔軟性や体を暖める効果に関しては、怪我の防止にもつながります。また、スポーツにおいてのパフォーマンス向上ということもメリットといえます。逆に、デメリットは何かあるのかといえば、特にありません。

このように、デメリットが無いというのも一つのメリットと言えるでしょう。強いてデメリットを挙げるとすれば、疲労物質の除去作用は高くないので、運動後に行なっても効果はありません。スポーツ選手は注意してください。

また、関節部分には潤滑油の役目を果たす「滑液」というものが存在します。この滑液は、関節を動かせば動かすほど活発に分泌されるため、ダイナミックストレッチは効果があるのです。