オススメ湿布.com » ブロック注射の効果

ブロック注射の効果

ブロック注射の効果といえば、痛みを取り除くこと、と言えますが、単に取り除くだけなら薬剤でも湿布でも可能です。

では何故わざわざブロック注射を選ぶのかと言えば、自然治癒を高めることができるという相乗効果が存在しているからです。

またブロック注射は、痛みが大きい場合に効果が高いと言われますが、これは即効性が高いことが理由です。

どうしても我慢できないために、より早く効く方法をお願いします、と言われた場合によく使用されます。また薬剤ではどうしても副作用がでがちです。

例えば神経ブロックをすると、神経の通り道をブロックすることができますので、痛みのほとんどを感じなくなります。またこのような症状を取り除くということは、患部の血行を高めることになりますので、患部を治癒するための栄養がたくさん運ばれることになります。

このようにブロック注射は東洋医学的な考え方に近い作用があります。従来の保存療法、そして西洋医学の方法である外科手術のどちらとも違う、という意味で昼間療法と呼ばれる場合もあります。

このような素晴らしい効果が期待できますが、痛みがなくなる作用が麻酔の効き目の時間だけという場合もありますので、痛みがすぐにぶり返すことにも対処しておかなければなりません。

ですので、腰痛のブロック注射をしたからといって、安心というわけではありませんので、湿布や安静用の装具などはやはり常に準備しておくように言われます。

また神経ブロックをするのは、腰痛や神経痛をこじらせてしまった場合に限られます。注射をすることで嘘のように痛みが消える、というのは激しい痛みがある場合だけ、といってもかまいません。

期待したほど良くならなかった、ということにならないためにも、医師とよく相談して療法を選択しておくのが大切です。

またこの方法ははっきりいって上手、下手の差が大きく、技術の習得度も大きなポイントです。ペインクリニックなどの専門医以外では症例も少ないものです。