オススメ湿布.com » 頚椎ヘルニアの原因

頚椎ヘルニアの原因

頚椎ヘルニアの原因として、もっとも可能性が高いと考えられるのは加齢です。つまり椎間板の老化により、骨の具合、骨と骨との連結がうまくいかなくなり、これに無理が重なると、どうしても避けられない、というケースも多くあります。

また加齢の他には打撲、外傷などの外的要因があります。これらは腰のヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアではあまり多くありませんが、頚椎の場合は原因となりやすいと言われています。

首は腰に比べるともちろん細い部位ですし、また重い頭を常に支えていなければならず、例えばほんの小さなかすり傷でも、その後の対処法によっては、頚椎ヘルニアに発展することも十分に考えられます。

つまり外傷の大小はほとんど関係なく、運が少しでも悪いと突然頚椎ヘルニアを発症する可能性はとても高いと言えます。その他にはむち打ちも大きな原因の1つです。

車を運転していて追突された、という場合にはほとんどの方がかかるのがむち打ちですが、首の筋肉ばかりではなく、頚椎にダメージがあることも十分に考えられます。

またむち打ちははじめのうちはほとんど症状が出ず、事故処理などに追い回されてしまうことも多くありますので、できるだけ早期に病院で診察を受けることが大切です。

外傷の原因となる事故が起こると、身体は無意識のうちに内臓や神経を守ろうとして硬くなります。またこの際に強い衝撃が加わることによって、首や腰には大きな衝撃がかかります。この衝撃を受けると、脊椎、とくに椎間板には損傷が起こりやすいと言えます。

また高齢者の場合は特に急性のヘルニアを発症しやすく、ヘルニアであってもむち打ちや捻挫などと勘違いすると、やはり治療法の選択にも困難が生じてしまいます。

頚椎ヘルニアでは神経圧迫によって強い症状が出ますので、あまり関係ない部位の症状のようだ、という場合は特にヘルニアを疑わなければなりません。

放置してしまうとヘルニアが自然消滅するどころか、運動障害を招いてしまい、日常生活もままならなくなってしまいます。