オススメ湿布.com » 湿布の使い方について

湿布の使い方について

身近な医療品として手軽に使える湿布ですが、正しい使い方をしないと体に悪い影響が出る事があります。正しい使用方法を覚えておきましょう。まずは種類から把握しておきましょう。

患部を冷やすタイプ、患部を温めるタイプ、痛みどめなどが配合されている経皮消炎鎮痛薬タイプがあります。これらの種類を症状によって使い分けます。炎症を起こしている場所に温める種類のものを使うとかえって症状を悪化させてしまいます。

炎症を起こしている時は冷やすタイプを使用して下さい。湿布を貼っているとかぶれる事があります。貼り替える時に少しづつ貼る部分をずらして貼るとかぶれを防ぐ効果があります。

また貼り替える時は2時間くらい時間をあけてから貼る方が良いでしょう。続けて長時間使用していると皮膚への負担も大きくなります。入浴する時ですが湿布をはがしてから1時間ほどたってから入浴しましょう。

皮膚への刺激成分が配合されている場合お湯に入ると皮膚にピリピリとした刺激を感じます。次に貼る時は患部をきれいにしてから貼りましょう。入浴後すぐに貼るのもいけません。

入浴後は肌の温度が高くなっています。30分ほどして体の表面温度が少しさめてから貼るようにしましょう。患部が汚れていたり汗が残っているとかぶれやすくなります。ぬるま湯などで患部を清潔にしてから貼った方がよいでしょう。

経皮消炎鎮痛薬タイプは副作用ととして光過敏症というものがあります。日光に当たると患部が腫れて水膨れのようになってしまう場合もあるのです。また、経皮消炎鎮痛タイプは鎮痛剤の成分が体の内部に浸透して吸収されて痛みを和らげます。

その鎮痛剤には副作用があるものも多く、安易な使い方は危険を伴う事もあります。注意事項をしっかり守り使用する事が大切です。皮膚のかぶれなどが現れた場合はすぐに使用を中止して皮膚科を受診しましょう。

他にも注意事項には副作用や含まれている薬剤の説明などが記載されています。用途、注意を守って使用しましょう。