オススメ湿布.com » 外壁塗装と断熱塗装

外壁塗装と断熱塗装

断熱塗装とは、今流行りの外壁や屋根の塗装方法です。断熱塗料を用い、太陽の熱を遮断する効果により、表面の温度は従来より20度程度軽減させることができます。

また、冷暖房費の節約にも寄与します。屋根や外壁が熱を遮断すれば、その分家の中は涼しくなり、カビや湿気対策としても有効です。

よく知られている塗料としては、キルコートやガイナなどがあります。これらは塗膜の中に中空ビーズがたくさん詰まっていて、外から伝わってくる熱を遮断し、室温の上昇を抑えることができます。

夏には冷却効果を発揮し、また冬には低温な外気をも遮断しますので、節電効果はかなり高く、実際東日本大震災の計画停電などの影響から、ソーラー発電の費用は高すぎてもこちらはいささか経費が安いということでもてはやされたそうです。

断熱塗装は、方法が他のものと違います。まず、塗料の厚みを充分に維持できるようにすることが大切です。

また、各商品ごとにきちんと決められた方法があるものがほとんどですので、メーカーの技術研修もある場合が多く、その仕様に沿っていなければ費用の無駄になってしまいます。

この手法は、温室ガス対策の新たな希望を提示する方法として注目されています。

電力消費が増え続け、温室効果ガスの排出量も増大するにつれ、国際的な取り組みである京都議定書が定められると、日本でも本格的な温室ガス削減をする呼びかけが開始されましたが、先の大地震では原発事故が起こりました。

このことで、より早急に節電対策を講じる必要が出てきましたが、外壁および屋根にも利用できる断熱塗装は、費用的により安く、取り入れやすい方法として最右翼です。

断熱塗装をする前と後では、真夏では室内で7度程度の温度下降をもたらすというデータがあります。また、クラックやヒビなどにも強いため長持ちしますが、塗料自体はやはり高価になり、また方法も難しいというデメリットもあります。