オススメ湿布.com » 新築物件を購入することとの違い

新築物件を購入することとの違い

リノベーションについての話を聞いた時、最も気になること1つとして上げられるのが、「新築物件を購入することとの違いは何か」という点ではないでしょうか?

新築物件購入のイメージは比較的想像しやすいということもあるため、このポイントを明確にすることによって、リノベーションについてもより多くの知識を得るための弾みになりやすいものと思います。

中古マンションの場合は、退去後になんらかのリフォームをされることが多いでしょう。やはり長年住まわれたものであればあるほど、欠陥ができていたり、老朽化が進んでいたという場所も多いかと思います。

このようなリフォームは業者の方で一方的に済ますことも多いため、実際に内見する際には分からないということが多々あります。

リノベーションはこのようなリフォームをより価値を高めるという視野にたったうえで行う行為ですので、ほとんど新築と同じである、と考える方も多いようです。

よって、違う点はといえば、段取りが違うだけ、という方も多いようです。「リノベーション費用見積比較ナビ」に実際の施工例が載っていますので、リノベーションがどういった物か分かりやすいでしょう。

新築物件と中古物件の価格の差に、リノベーションコストを足した分の差額が実際のコストの差ですが、リノベーションする内容に応じてこれは千差万別といっていいでしょうから、かならずしも新築のほうが高いということも言えないでしょう。

中古物件でも新築などに比べて立地がよい、というものは多いようですから、立地を考え、多少の上乗せもあることを想定していた、というリノベーションも実際にはあるようです。

その他、リノベーションのメリットとしては、予算に合わせながら、段階的なリフォームも可能で、新築よりも費用をかけずに、楽しみながらのリノベーションが可能であったり、社会的な貢献度としては、環境に対する負荷を軽減する行為である、ということが言えるでしょう。

また、デメリットですが、購入から実際に住むまでに長い時間がかかってしまう、スケルトンリノベーションの場合では数ヶ月もかかることが多いです。

予算をつかむのがとにかく新築よりも大変で、見積もりをもらってからも変更される可能性がかなり高い、マンションについては共用部については特に詳細をつかまなければならず、詳細は業者に相談しないと難しい部分が多い、などが上げられます。