オススメ湿布.com » 五十肩の手術について

五十肩の手術について

五十肩の患者さんに手術を適用するというケースはとても稀です。

しかしながら、痛み止めを打っても効果がないばかりか痛みが増したり、夜間痛もひどくてストレスが溜まりすぎるなどのケースでは、病院で手術をしたいと思う方もあります。

また五十肩の改善にかかる時間があまりにも長期化した場合も適用されることがあります。五十肩の痛みは減っても、肩凝りよりもひどい痛みが長く続き、可動域も安定してこないというケースも少なからずあります。

五十肩での術法は、基本的に関節鏡を使用する方法です。胃カメラは胃を観察するために使用されますが、これと同じように関節を観察するための器具が関節鏡です。

麻酔をして小さい穴を開けてからそこに関節鏡を通し、内部を移したモニターを見ながら行いますので、目視下での術法と違い多少の技術が必要になります。内部をモニターで見るということはバーチャルな世界ですので、疲れたりすると手元が狂いやすいという特徴を持っています。

五十肩の手術を受けるのは整形外科です。まず、肩や腱などと滑液包との癒着を剥離するために、生理食塩水を注入します。

そして可動域を制限している原因である癒着をとり、痛みの原因となっている骨の突起などを削ります。比較的低侵襲なタイプですが、入院も必要になりますので多少の準備期間も大切です。五十肩でこういった治療法を適用するのは、患者さんからの意思によって決定される場合が多いですが、やはり体にメスを入れる行為には変わりありません。

肩関節ということで例えば心臓やヘルニアなどよりも不安感は少ないですが、やはりしっかりと心の準備をするように言われます。

結果、肩の可動域も広がって、五十肩の痛みも無くなります。しかしそのままの状態を維持するためには、リハビリを継続させなければなりません。肩をよく回したり、マッサージをし、同時に腕周りの筋肉をよく鍛えることも必要です。

特に肩凝りの原因となり得るような仕事をされる場合は、合間をみて肩をほぐしてやることが必要になります。

五十肩の正しい治療方法についてはこちらから