オススメ湿布.com » 頚椎ヘルニアの再発

頚椎ヘルニアの再発

保存療法による自然治癒や手術など治療法は様々ありますが、適切な治療法とリハビリを行うことで数ヶ月から1年程度もあると頚椎ヘルニアは完治するとされています。

頚椎ヘルニアが完治すると以前と変わらない日常生活を送ることが可能になりますが、しばらくの間は激しい衝撃が与えられるような行動や頚椎を捻るような動作は控えた方が良いでしょう。

頚椎ヘルニアは一度完治したからと言って、二度と再発しないという確証がある病気ではありあません。どちらかというと無理をすると直ぐに再発してしまう可能性があり得る疾患なので、完治してからも出来るだけゆっくり日常生活に戻るよう努力が必要となります。

完治してから数ヶ月後には再び頚椎ヘルニアの症状が見え始め、病院で診察を受けたところ軽度の頚椎ヘルニアが再発していたという患者は少なくありません。

せっかく、頚椎ヘルニアが完治したのにも関わらず、再び発症してしまうと、再び治療期間と治療費用がかかるようになり、また完治するまでのしばらくの間は、痛みや痺れに悩まされる日々が続くことになります。

頚椎ヘルニアの再発は場合によっては癖になってしまい、何度も完治と再発を繰り返すことがある患者もいます。そうなると始め患った時よりも、頚椎ヘルニアの再発を繰り返すうちに症状が重症化していき、様々な障害症状を併発し、手術が必要とされるケースも少なくはありません。

頚椎ヘルニアを再発を予防・防止するためにはまず完治するまでの治療、リハビリ期間に適切な処置を施し患部に無理をさせないこと。

そして完治という診断を担当医からもらっても、違和感や多少の痛みなどが残るというしばらくの間は無茶な運動や動作を出来るだけ避けるようにし、医療機関で教わった体操やトレーニング法がある場合は、それを自分で負担がかかり過ぎない程度に継続してください。

そして、普段の生活をしていても影響を受け難い強い体を作ることを意識していけば、完治しても直ぐに日常生活に戻らないということが再発防止に効果的です。