オススメ湿布.com » 物件の選択

物件の選択

持ち家を購入する際、選択肢となるのが、新築と中古ですよね。今はそこにプラスされて、中古住宅をリノベーションするという選択が増えました。

今回はそんなリノベーションと新築の違いを調べてみます。一生の大きな買い物と言われるくらいの家ですので、当然双方新築か中古をリノベーションか悩まれる方が多いようです。

まずは中古物件についてですが、一番多くいわれるメリットは、新築に比べて価格が安いこと、また立地条件がいいところが多い、予算内でグレードの高い住宅が手に入れられるなどです。

さらには、既に建っているため、住環境の確認がしやすいところもポイントとなってきます。これから、中古住宅をリノベーションし、新築同様な状態や自分のコンセプトにあった状態に変化する事になってきます。

ですので、価格は最終的に新築と同じくらいになってくるようです。しかしながら、自分のライフプランにあった居住空間を作り上げる事が可能です。

次に、新築ですが、日本人は新しいものが好きな傾向がみられるようです。ですので、持ち家を購入という一世一代のイベントです。新しいものとさらにこだわりがでます。

真っさらで気持ちもいい所全てにおいて新品なことです。また耐震などの構造面でも安心できます。購入契約すれば、スムーズに入居できます。

双方、利点はあります。そしてデメリットも各々あるでしょう。ですが、これから中古住宅のストックがどんどん増え、新築の供給量は徐々に減っていきます。

買いたくても買えない時代がでてくるのです。そうした時に、中古のいやなイメージをリノベーションするという形で、取り払い、中古住宅をより活用できるようになっていければと思うわけなのです。

しかしながら、持ち家~新築の発想はごく一般的です。さらに持ち家~中古住宅も浮かぶでしょう。ですが、中古住宅~リノベーションという発想がまだまだ日本社会において、十分に広がっていないのです。

とはいっても、少しずつですがリノベーションへの認知度も広がっており、リノベーション費用見積比較ナビのような、リノベーションの情報収集ができる場所も増えています。

ですがまだまだ、リノベーションを知らなかったという事もあるのです。今後、リノベーションへの認知度がもっとあがってくることを期待したいと考えました。