オススメ湿布.com » ブロック注射による副作用

ブロック注射による副作用

腰痛の症状などが恒常的に続くような場合に行われることがある処置がブロック注射です。その中の硬膜外神経ブロックは痛みを感じる神経や運動神経、そして交感神経に作用のあるブロック注射の治療法です。

脊髄に近い神経にそのブロック注射により注入した局所麻酔薬が効いてくるため治療効果が高く、即効性が期待されます。

腰部への硬膜外神経ブロック注射が処置される病気は椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、また慢性の腰痛やぎっくり腰といった腰からおしり、さらに下腹部から足先まで下半身の痛みを伴うもので、非常に有効な治療法とされています。

しかし、ブロック注射という聞き慣れない名前や直接神経に働き掛ける治療法となると中々心配事も多いかもしれません。

副作用なんていうものも気になってしまう方もいると思うので、ここで簡単にですが言及します。まず硬膜外ブロック注射を処置する上で、処置時の痛みというのが主な副作用となります。しかし事前に痛み止めを注射しますし、非常に針径の細い針を使用するのでそれほど副作用を心配する必要はありません。

また、多くの場合既に腰痛を患っているので相対的に針による痛みというものは感じにくいです。確かに話に聞くとブロック注射は非常に痛いものという印象が強いかもしれませんが、実際に受けてみると想像よりもずっと痛みを感じなかったという方が多いです。

また、ブロック針を刺入後に注入される局所麻酔薬液自体は数時間も経過すれば体外へ出ていきますので特に身体に悪影響を及ぼす成分が残るということもありません。

さらにブロック注射は処置が必要な部位に限りなく近づけた上で行われるので、身体の他の部位に及ぼす作用もありません。

当然ですが絶対に安全とは言い切れませんが、発達した現在の医療技術では処置ミスも非常に少なくなっていますので、十分に安心できます。