オススメ湿布.com » 整体と捻挫

整体と捻挫

捻挫とは、関節が可動域を超えてアクションしてしまった場合に起こるもので、くじいた、と表現される場合もあります。

関節を包んでいる関節包や靭帯、その他の軟部組織が損傷を起こしてしまい、ひどい場合は靭帯断裂を起こす場合もあります。

また靭帯が伸びてしまったような軽度の場合でも、できるだけ根本の原因を治癒させることが大切です。

捻挫を起こしたら、まず患部の炎症を鎮めるために適切なアイシングを施すことが大切です。また他の異常が無い部位よりも熱が下がってきたら冷しすぎですので、冷す感覚を調整することが必要です。

またテーピングや包帯、三角巾などを使用して患部を痛まない状態で固定しておくことも大切です。患部がずれたままで放置すると治癒が長くなりますので、できるだけ整体などで早期に治療を受け、適切な処置をして正しい位置に戻さなければなりません。

整体では捻挫によって過緊張している、あるいは緩んでいる筋肉のバランスを整えるための施術を用います。子供の場合は放置していてもバランスが回復する場合が多くありますが、整体で調整したほうが治りは早まります。

また整体のポイントは筋肉の調整です。骨と筋肉はくっついていますので、骨の動きを取り戻すためには必須です。

骨にも異常があるような場合は整体での治療は難しいので、病院での検査が必要です、とくに冷しても痛みが一向に回復しないような場合は整形外科で適切な処置を受け、骨をしっかりと結合させることが大切です。

また靭帯や筋肉のバランスは崩れてしまっているままの場合がありますので、後遺症を避けるためにも整体でバランス矯正を受けるのが適切です。

軽い捻挫だからといって、調子が少しでも悪い場合は整体治療を受けるようにしたほうが無難です。関節の歪みが徐々に蓄積するとやはり後遺症を発生する大きな原因になります。

子供の頃の捻挫も大人になってから様々な不調の原因になります。仕事への意欲を増強させ、きちんと休める体にする、つまりQOLを低下させないためには必須のことです。