オススメ湿布.com » リノベーションとリフォーム

リノベーションとリフォーム

リノベーションとリフォームに厳格に違いを求めることはなかなか難しいでしょう。もちろん、本来の意味での違いというのは明確になっています。

リフォームは古くなってしまったものを、元の状態に近くするということです。よくマンションなどを退去する際に、原状回復として費用が発生してしまうこともあります。

これは元の状態にするということです。この原状回復が、リフォームの概念としては非常に分かりやすいでしょう。

元の状態に戻すということがリフォームの意味と思っても間違いはないでしょう。また、規模的にもそれはさほど大きくはならないでしょう。

作り替えてしまうということではないのですから。小規模な家の修理がリフォームになります。

それと比較してリノベーションですが、これは家を治すというところまではまったく同じと言ってよいでしょう。しかし、その治す先にあるものが違います。

リフォームでは元の状態に戻すということだったのですが、それがリノベーションになるとそこに新たな価値を付けなければなりません。

たとえリノベーションと言って工事をしたとしても、それが元の状態になっただけならばそれはリノベーションとは呼ぶことはなく、リフォームになるのです。

ただ難しいのがどこまでがリフォームと呼びどこからがリノベーションと言うかということです。例えば外壁の色を変えただけでもリノベーションと呼ぶ人もいるかもしれませんが、それはあくまでリフォームの範疇ではないでしょうか。

もっと付加価値を付けたときにリノベーションと呼ばれることでしょうが、それは個人の価値観というものが大きく影響してきてしまいます。

ただ、やはりリノベーションは規模的にも大きく、さらに使いやすさが向上する、デザイン性が極めて高くなるということでなければ、一般的には呼ばれないでしょう。

個人お価値観ではありますが、やはりそれなりの変化がなければリノベーションと呼ぶことはありません。