オススメ湿布.com » お薦め情報

お薦め情報

その他・お薦め情報


湿布の副作用について

肩こりや腰痛、膝や肘の痛みは加齢ともに現れる症状でその痛みを和らげたいと湿布を貼っている人をみかけます。

薬局などの店頭に並ぶ種類も数も豊富です。しかし、副作用を起こす場合もあるので毎日のように湿布を貼っているのは体には良くない事です。たくさんの湿布剤が市販されていますし、整形外科にいっても湿布剤は処方されます。しかし湿布剤を使用する事で起こる副作用もあるのです。

痛みを止める薬剤を含んだ湿布には経皮吸収剤と呼ばれます。これは皮膚から痛みを止める薬剤などの有効を成分を皮膚から血液に吸収をさせている特殊な薬です。湿布剤によく使われている成分でインドメタシンという成分があります。この成分はプロスタグランジンという痛みを感じる成分の生成を抑える効果があるので、炎症や痛みを和らげる事が出来ます。

しかし、プロスタグランジンという成分は痛みを感じさせるだけではなく痛みのある場所の細胞組織の再構成を促進する働きや胃腸が自身出しているが消化液で自身を消化して傷つけない為 粘膜を保護する粘液の分泌に関係していたりするのです。

プロスタグランジンの生成が抑えられているといことは筋肉の細胞組織が構成されないのでその部分の筋肉が弱くなっていくという事です。例えば腕の場合でしたら長期間の使用によって使用していたらその部分だけ筋肉がなくなりやせ細ってしまうという副作用もあるのです。

また胃粘膜を保護する粘膜の分泌が悪くなる為に胃や腸が荒れてしまい、胃潰瘍になる事もあります。これが湿布の副作用です。

整形外科で処方されるモーラステープは注意書きに光線過敏症(日光が当たった場所がかぶれる)を起こすことがあるので、使用中および使用後も当分の間は、貼ったところを、日光にあてないように注意してください。

と書いてあります。薬剤を張っていた部分が日光にあたるとかぶれやかゆみを引き起こす副作用があります。

重症化するとただれたり腫れたり色素沈着を起こしたりします。簡単に手に入る湿布は使い方によっては便利な薬です。

しかし、長期間使ったり多量に使ったりするには副作用による危険が伴います。また注意書きに書いてある事項をしっかり守り使う事が大事です。

湿布剤を使用して体に、異変が起きた場合は副作用かもしれませんからすぐ使用を中止しましょう。そしてなかなか改善されない場合は速やかに病院へ行きましょう。

誤った薬の使い方をしないようにく注意をして副作用があることを覚えておきましょう。